スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 昨日 | main | ジョナサン・ケイナーの星占い♪今日のおとめ座の運勢 >>

爆誕の記章〰第4章爆誕の記章を

JUGEMテーマ:小説/詩


「爆誕の記章〰第4章爆誕の記章を」

   『幸せ(1)』

幸せな日々がやってくるとすごく怖い気がする。
壊れるものをもつと人は恐れるようになる。
壊したくなくて守りたいゆえに、その不安定な
「愛すべきもの」
が、か弱いものに思えてたまらない。

俺は、子供を持てるような未来は見えたことがなかった。
「いつか、赤ん坊を抱いて母に会いに行ける日がくるといいな・・」
というのは、ぼんやりとした空想だったし、本当に来るとは思えなかった。

今までの自分は過去をさかのぼり、幼少期から、「Foggy」になるまでを
回想してきた。
いつもいつも、「山ワタ子」のことでも、あっという間に、自分の記憶を回想に
回してしまっていた。
俺に大事なものなんかないんじゃないかと思うくらい、俺はこだわらなかった。
恋らしきモノもなく、女性を抱いてきて、それが中途半端に当たり前だったから
「愛」を知った自分が「愛する人」と抱き合って、「子供」を作ったこと、
「結婚」を決めたことは…信じられないくらい大きな出来事だった。

なおみちゃんと、結婚した。
結婚式は、まだしてないけれど、先に入籍をした。
俺は同棲は嫌だったから、先に入籍をして一緒に暮らし始めた。
そして、そのうち、結婚式を挙げようと思っている。

出会いから、あっけない時間でこんなことになるなんて結婚の持つ勢いに
はじめて遭遇してびっくりだ。・・・・

仕事に出かけながらも、あの家に、なおみちゃんがいると思うと、不思議に
最初は落ち着かなかった。
でも、だいぶ慣れて、今は普通に戻りつつある。

たまに、なおみちゃんも、まだ目立たないお腹でライブにやってくる。
「危ないからよしなよ?」
と叱っても、ぺろっと舌を出している。
「だって、パパのかっこいい姿、一緒に見たいんだもん。ね?」
と、お腹の子に聞いている始末だ。
やれやれ、やんちゃさんだ。・・・・・

なおみちゃんは今持って俺の大ファンでミーハーだ。(笑)
たまにDVDなんか観て、「かっこいい~!」ともだえつつ、近くに居る俺を忘れて
いることがある。(笑)
そんな姿を見ていると俺はひどく幸せを感じる。

こんなに幸せでいいのかなって思うくらいだ。

抱き合って、笑いあって、一緒にご飯を食べて、一緒に眠って、一緒に目覚めて
そして…おなかを撫でながら、ふれ合って、愛しあって・・・・。

いつか、貪欲な自分が消えそうな気がする。
でも、ライブはますます、激しくなってきた。
俺は…ものすごくいいバランスに今、居る。

激しい愛ではないのに、激しい愛の結晶が生まれてくる気がする。
天から下る、すごい愛の結晶。

それを記すことが生きて生を紡ぐことなのか・・とも思う。

この、おなかの子供を無事にこの世に誕生させ、次の世代を紡ぐことは、俺にとって
ミラクルで、・・・そして、とてつもなく激しい慟哭で衝撃だ。

その日々を記すために俺達は生まれ、親になる・・・・。



      (つづく)

| 小説 | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 07:51 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://lotuslove.jugem.jp/trackback/608

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
ドロップシッピング
お小遣稼ぎ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM