スポンサードリンク
<< Ever Free | main | 「 Suspended In Gaffa 」 Kate Bush >>

The Kick Inside

JUGEMテーマ:小説/詩

 

Gaffaにて・・・

 

恐ろしい音楽が始まる

あなたの目を見たら決してもう戻れない道にいると気づくしかなかった

 

足がスローに泥沼に引き込まれ

泳ぐように歩く時

 

何故か私は笑いながら涙を流していた

「どうして泣いているかわからないの。」

分らないから怖い分らないからとても怖い

 

動き出したら止まらないRed Shoes

 

死体の上を歩いて移動する浮遊してゆく足の感覚

あなたの細やかな雪のような愛情が欲しいの

あなたの激しい激情は彼女への弔いで

 

「私たちが欲しいものはこの世の美しいもの」

 

高音域を舞い上がり走り駆け上がる極限の高揚

それが欲しいのに手に入らない

それが欲しいのにそこだけが手に入らない

 

「どうして?わたしはGaffaにとらわれてしまったの?」

 

いつの間にかRed Shoesを履いている足が踊る

私は彼女で、私がなりたかったものになる

声が違うと誰かが言う

いいえ、おんなじよ?!

私はヒステリックに答える

声を盗んでいると誰かが言う

いいえ、私はうまくやれている

間違いない

だって私は

「Gaffaにいるんだもの」

 

どこまでも空恐ろしい内なる声に耳を澄ませその狂気が凶器になる

 

「私たちが欲しいものはこの世の美しいもの」

 

激情に身を任せる執念の狂気

恐ろしい声

甘い声

優しい声・・・できはしないから優し気でしかないけれど優しい声と信じる声

悪魔の囁きと笑い

天上人の声・・・できはしないからそれっぽく、でしかないけれどたぶんあっている声

 

ううん、あの女をつぶせば楽曲という作品で永遠になり

もう誰もできなくったって平気

 

だって、Gaffaにいるんだもの?

 

当たり前のように回り続けるだけw

 

| | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 19:46 | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
ドロップシッピング
お小遣稼ぎ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM