スポンサードリンク
<< Close to the edge Yes | main | 奇跡のような命のつながり。 >>

危機。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

「Yes」の「Close to the edge」の邦題は「危機」という。

まさしく、今の東京は、いや日本は危機的な状況になりつつある。ブログを読み返していると、「今日は東京は15人だった」なんて書いてある。「東京アラート」が出た時も30人を超えた時だ。今日の東京の感染者は286人という数字をたたき出した。神奈川も48人、大阪は66人、北海道は6人だった。若い人が増えている。一時期は、新宿のホストだとか、最近はススキノのキャバクラだとかあったけれど、それ以外に、若い人の無症状での行動が増えて感染者を増やし、市中感染というものにしている。若い人たちにとっては「インフルエンザみたいなもの。俺らは若いから、なったらなった時。死にはしない。」という価値観が蔓延してきているように思う。マスクを暑いからかは知らないがしない人も増えてきた。年寄りは違う。確実に、きつい闘病ともしかしたらの「死」が、待っているから絶対にお気楽ではいられない。気力も体力も抵抗力も違う。…東京の「劇場クラスター」では、濃厚接触者が数え切れなくその実態がつかめないらしい。その人達がばらまいたら大変なことになっていくだろう。マスクも、みんな、布マスク、冷感マスクになり、ウイルスカット用のではなくなってきて、それもある意味怖い。「ひやマスク」を使っていると、中に「不織布」を入れるから安心する。ペラペラの冷感マスクには(ピッタも含めて)まだまだ、考えるところアリだなぁ〜と思う。この中で、「GO TOキャンペーン」の攻防戦がまだ続いている。今の段階では「東京を除く」で7月22日からのスタートだが、みんな怖い。東京圏というものは、やはり埼玉、神奈川、千葉あたりも、影響は免れないからだ。「東京都」だけを排除して何になろうや。毎日人は通勤圏で東京へ行き来しているのだ。…

 

今日は、朝、不思議と眠くなかった。いつも倒れるように眠っているのに、目がぱっちり開いて気持ちも落ちついてしっかりしている。「こんな日はめったにないから少し早めだけど、病院に行って来よう。」月一回薬をもらいに行っているが、大体来週あたりだが、今月は連休だったりして人が集中しそうだから、早めに…と思った。今日も「ひやマスク子供用」がスタメンだ。このところ、もはや、「ひやマスク」に合わせて服装をやりくりしているくらい。これが私の要になっている。とにかく「付け心地」がなぜだかしっくりしていていい。似合う、という点では何度も書くけど、例のスーパーの衣料品コーナーシリーズなんだけど、この「ひやマスク」には包まれて守られてる体感がある。不思議と私の守り神?みたいな感じだ。実際、暑さに強いし、キシリトール入りだし、いいことづくめ。(詳しくは、ひやマスクを検索してね♡)でも、一般受けしないだろうと思う。本当に大人用のはでかいから。(笑)たまに大柄の男の人で、マスクが足りない人がいるけど、つけてほしいよね!でも、あえて真夏に長袖のUVカットのカーデイガンを羽織るように、大きいマスクがUVカットもしてくれて、顔にもいいらしいですよ?

 

さて、病院にいたら娘からラインだ来た。会社に出社したけど、体調不良で、「帰っていい」と言われたから帰ってきたとのこと。娘はYOSHIKIを尊敬しているくらい、首を痛めてから、首めまいと首痛に苦しんできた。どこに行ってもよくならなくてすがるようにあちこち病院行脚を重ねて、今の治療院に巡り合った。すごい先生がいて、私も一時期通ってみたが、いかんせん、お金は続かないし、車で通うのはめんどくさくてやめてしまったが、今でも、その先生のすごさは知っているから話が早い。「夜にチョコレート食べすぎるの、やめた方いいですよ。」とか、ぽつりと言う。「え?!」なんで知っているの…?「体に出るんですよ。」なんだか、小林摩耶さんの旦那さんみたいな摩訶不思議だ。(笑)今、何の影響を受けてどこが弱っているかも、その解除もお任せできるから安心する。先生に出会うまでの娘は本当の「危機」だった。怖くて祈るしかなかった。このまま、社会人として転落して人生を壊してしまうのかと、怖くて仕方がなかった。変な治療院に行って、「パニック障害」のような状態に突然なって、震えて苦しんでる娘を前に、治療院に電話してそこの先生とやり取りをしたことがあるが「そしたら、昨日胸に張ったテープ剥がしてください。それで落ち着くのでは」と言われて、本当にそれで落ち着いた時、私は「ファイテンテープとか、何らかの力を持つテープ」の使い方の怖さをまた知ったりした。知識と判断を間違えない、絶対的に自分に合う先生を見つけると、娘は挫けなかった。そして今の先生に巡り合った。やっぱり、放り投げては駄目だ。くらいつくことだ。なんとしても、なんとしても、の気迫を失わないで、苦しんでる人達に頑張ってほしい。私も山ほど色んな薬を自分の体で人体実験して?飲んで、時には、ブレて苦しんで、吹き上げ吐きしてのたうちながら、あきらめずに来て今がある。頑張ろう。「危機」を乗り越えるために必要なのは、「諦めないこと」だ。くらいついて、足を引きずって、這ってでもずってでも進もう。明日はまた違う風景が必ず開けるんだ。そう信じて戦おう!!!!!

 

*記録のために書いているので間違いや不愉快な表現等ご容赦願います。

| 生活 | 20:14 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 20:14 | - | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
ドロップシッピング
お小遣稼ぎ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM