スポンサードリンク

三世間。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

三世間というものが、仏法にはある。

 

五陰世間(ごおんせけん)=私たちの体、肉体、五体それぞれに

             ともる命のこと

衆生世間(しゅじょうせけん)=私たち一人ひとりにともる命=性格、性質、人柄を含むすべて

 

国土世間(こくどせけん)=私たちの衆生世間と縁するすべての環境

 

この3つがつながっていることを、説いたわけです。

 

これを踏まえて、読んでいただきましょう。

 

「俺の闘いに宿るもの」 by lootfeet

 

頭の中がもぎ取られていく

ここにある体から引き離されるかのように

まったく人格の違うものに

乗っ取られていく

 

自分の声が恐ろしいよ

声は「命」だという

その声が奪われていくとき

空恐ろしい人格に俺はやられていくんだ

 

声が遠くからする

「忘れないで、あなたの体は生きている。」

「忘れないで、五陰世間はいつだってあなたの生命でできている。」

 

体に、遠く残る気力と気迫のようなものがかすかに聞こえる

 

「俺の体は、いつだって俺自身じゃないか」

 

人格を乗っ取るような声にキー滑りを起こされても

訳の分からない声で高笑いたくないのに笑っていても

 

俺の体には「どこを切っても金太郎飴」な音楽が染みついているんだ

信じようこの無作為な俺自身を

どこかに俺の声がある

 

「必ず、見つけてやる」

 

そして、どんなキーからでも、俺は声を出す人になろう

七色の命を持つ伝説の龍のように

天空を駆けるのだ!

 

国土世間に善縁を

俺の接点となる善を風と共に待とう

 

縁(えにし)は縁を呼ぶもの。

縁なくば袖すり合わすこともない誰かとすら

縁つむげたなら、つながることができるのだから

 

「決してあきらめるな!友よ」

「私たちとて諦めはしない」

               

 

 

| 生活 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

狂気の館はいずこに

JUGEMテーマ:小説/詩

 

「取り戻せ自己という名の自分自身」

 

時に俺は励まされ、時に迷いが止まることがないまま

何度も笹舟のように揺れるこの思いを抱きしめながら生きている

 

間違いだったのか、間違いではなかったのかすらわからなくなる瞬間が来る

 

死という混乱が目の前にあった時には、とてつもなくクリアリーだったこの意識

大切な人や自分を失うことの怖さは計り知れない絶望で計り知れない落胆だった

 

力なき自分にひざは崩れ

力なき自分にかけるべき言葉も見つからず

力なき自分はまるで

詫びるかのように涙をぼうだに流した

 

さよならという言葉が見当たらない

さよならでは済ませられない何かが

俺には分っているのに

何も言えなかったあの日に似て

 

あの狂気の館から遠く離れて今を生きる

あの狂気の館はどこにあるのか

もう恐れることもない

どこか遠い記憶

どこか遠い場所で起こっている他人事のような世界

 

なのに、

あの日ぼうだに流した涙だけは忘れなくて

 

「君を助けられなくて、ごめん」

 

現実は早く流れる

誰かがどこかで苦しんでいたとしても

自分の身に降りかかるまでは痛くもかゆくもない

記憶だけが痛みをもってそこにある

 

俺にどうしろというのか

俺にどうしろというのか

 

俺は君の何でもないんだ

ましてや、正義漢でもない

 

あのおぞましい日々は遥か遠くなり

もはや他人事のように語れて笑える自分がいても

 

「君を助けられなかったことに変わりはないまま」

年月は行く

今年ももう終わりだね。

君は苦しい大変な毎日にいるらしいが

俺は痛くもかゆくもない日々に飽き飽きしているだけなのさ

そうさ、そうでも言わないと俺は

 

「涙があの日のようにぼうだに出てとまらないのさ?」

 

救いなんてものは、行動によりて与えられるとキリスト教が言う

救いなんてものは、痛みをわが身に置き戦った分だけ自分が自分に与えるものと

仏法は言う

 

俺は十字架を下げながら、祈りを捧げる

他人事さ、神が決めることさ?

君が帝釈天のように憤り憤怒しても、

俺はそれしかできないんだ・・・・

 

・・・・愛をくれないか、愛を・・・・

| | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

悪夢の人生,悪夢の時間を取り戻せ。

JUGEMテーマ:小説/詩

 

Keyを渡されてからのおぞましい日々

訳の分からない愛欲にとらわれ

訳の分からない奴になりすまし

愛を語った

 

その女の喜ぶことだけが

このわたくしの喜び

どんな残酷なことにさえ

一緒に笑みを浮かべることができた

 

処女をなぶりものにし

性の地獄に閉じ込め笑い酒を飲んだ

心優しい凛とした女性を突き落とし

辱めながらヤクをやるようにその女から甘いキスをもらった

 

すべてはその女の欲望を満たすための道具でしかない己を

時に愛しみ時に恥じ時に悶えながら

愛を欲しがった

 

いくらでもやるから

いくらでもどんなきれいな人でも辱めるから

きれいな人?…馬鹿言うなよ、あの女が最高の女さ?

地獄の闇に咲くあだ花だったとしても

俺はその女を愛するんだ・・・

 

このわたくしと呼びたいほどの高揚が俺に来る

このわたくしは、あなた様の神聖なるしもべでこそ寵愛を受けることができる

早くご褒美を

早くご褒美を

早く早く早く

 

体はもう熱にやられて魔物が乗り移ったかのように獣になる

愛をかわしたい

愛をかわして自分を注入したい

 

じらす素振りがそそらせる

じらす素振りに涙さえ浮かべて懇願する

どうか、このわたくしを抱いてください

わたくしの愛を注入させてほしいのです・・・

 

「仕事をしなさい?この私のために忠誠と帰命を」

 

ああ、時遥か経ちて使いつぶされていく自分に気づく時

あの女の腹の中には俺の子がいるという

我に返ったのか、もともとが間違っていたのか気づけないほど

自分が鮮明すぎて、おなかの子が現実過ぎて

気が狂いそうになる

何に取りつかれていたのか?何で自分は此処までこの赤い舌をちょろちょろ出す女に

愛を注いだのか、忠誠を誓ったのか?

 

「安心して、おなかの子はもういないわ。闇の魔王に捧げたわ。あなたの命と引き換えにね?」

「あなたは一生をかけてその命に償いなさい」

「可哀そうにあなたに愛されたはずなのに裏切られた子」

 

安堵とともに永遠の絆を求められ縛られていく

あの女は呪文のように話すんだ

俺とあの女の愛の結晶とやらを

 

「体の一部がもぎ取られるような…」絶望感。

 

声がする

「あなたに注入された悪が消えただけ。命を張ってくれた子供に感謝して進め!」

声がする

「どんな魔物が来ようとも、あなたはもう決して騙されない強い命になる」

 

あの日、Keyを受け取らなければ、何も起こらなかった?

いいや、世の中は常に経験からしか学べないことがあるもの

後ろを振り返るな

学びとなし、昨日よりも賢く気高く変われ、

 

「すべての”道を誤ったもの”たちよ。」

| | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

「失われたTreasure ∞Land 」 heath

JUGEMテーマ:音楽

 

「美しく、強く、鋼のごとく打ちたたかれてもしなやかな人でいてくださいね。」

| 音楽 | 08:37 | comments(0) | - |

With a kiss, I'd pass the key.

JUGEMテーマ:小説/詩

 

このキスは、魔界へのいざない・・・

このキスはあなたの欲情に火をつけるため・・・

このキスはあなたを完全にコントロールするため・・・

 

「私たちはキスでKeyを渡す。」

 

この鍵はあなたの意志をすり抜ける

この鍵はあなたの力をすべて抜かせてしまう

この鍵はあなたと私たちの子宮をつなぐもの

 

「私たちの子宮は邪であふれている。」

 

あなたは閉じ込められた

この子宮という出口のない闇に

あなたは方法を失った

完全に方法をすべて失った

 

「私の妊娠こそがあなたの行き着くべくところ。」

 

愛を体現しましょう?

愛は命となりあなたと私にそっくりな子供をもたらす

その時に天が動く

そう、どんな魔物の誕生かしら?

とてもわくわくするわ

とてもわくわくしてたまらないわ。

 

「そして、その子供を闇に葬るとき」

 

本当の愛と復讐の蜜月が完成する

魔界に捧げ私にあなたを一生支配させる鍵となる

 

忘れないで、私は、あなたを見つけた時から

こうなる運命だったと思っていた

 

闇夜に鴉が集まるところ

そこに集うたくさんの仲間たちが

今夜も儀式を欲しがる

 

愛し合いましょう?

 

「さあ、お口をお開けなさい?」

| | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

lootfeetからの便り

JUGEMテーマ:日記・一般

 

いつも、遊びに来てくださる皆さんありがとうございます。

lootfeetです。

 

10年くらいのブランクの後に急にメッセージ性の強い詩ばかりを書くようになり、

驚いている方もいるかもしれませんね。(笑)。。。。

 

lootfeetは、今を生きている仲間たちに向け、発信し続けたいと思っています。

「爆誕の記章」、中途半端なままですみません。

有名な方も、そうでない方も、普通の主婦さんやパパさんママさんも、独身のイケメンさんも(笑)。。。どうか、私の

伝えることを受け止めてくださっていてくれたら幸いに思います。

 

今日、lootfeetは、歯医者さんで、抜歯をしてきました。。。(@@;)

もう、4か月も痛かったんですが、歯周病だと言って歯茎の治療のみで、物も噛めずつらかったのですが、

やっと、根にヒビが入っていることがわかり抜歯しました。

銀色のバネじゃない保険外のをお願いしましたが、そこに至るまで抜いた歯が治るまでは銀色のバネを使うそうです。

ちょっと、がっかりしましたが、よく考えるとパンクな感じでいいかもです!(笑)

かっこよく銀色のバネをきらりとさせる女になってやりますとも!(^^)/

 

 

 

 

| 生活 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

「Sat in Your Lap 」 Kate Bush

JUGEMテーマ:音楽

 

人間に宿る悪魔との饗宴?

案外にソリッドなものかもね?。。。

| 音楽 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

愛という名の究極の求愛。猥雑さの極み下りて。

JUGEMテーマ:小説/詩

 

天空より下る愛という名のサレンダー。

その火花は、激しくどぎつくストレートなのに猥雑で

言葉は卑猥なものこそが性感を高めうる何かで

悪魔のように残酷で天使のように囁きかける

吐息の中に夢を含みながら

 

天空から下りて悪魔の所為になりゆく

空恐ろしい混乱と挑発と執着と恋うる気持ちと殺意

愛おしさが人を殺させる

すべて壊してしまえば

すべて壊してしまえば

なかったことになるすべての報われない執着と恋心

 

「あんな人を愛したわけじゃない」

 

冷ややかな目と口が淡々と語る

そして、唇には笑みが

 

「もう、ただの人。あなたは私よりももっと低いところにいる可哀そうな人。」

 

殺したって構わないくらいの気持ちが自分を高揚させる

あなたはもう価値のない人

あなたは私にすら似つかわしくない人

あなたはもう死ぬしかない人

 

優しいほほえみが浮かぶ

可哀そうにね?!…私を愛さなかったあなた。本当に可哀そうよ!

くっくっく。。。笑いが浮かぶ。

ざまあみろ、人生を壊してまでも私を愛さなかった馬鹿な男。

 

愛のサレンダーが瞬く度

聞きあさるようになった

 

あそこで交わされている愛が不純だ

此処そこでの安い愛さえ許せやしないのに

 

私の前に現れた求道の求愛

激しく下る天に龍のように二人で登っていく昇天

太陽に向かうかのようだ

激しく熱くすべてを焼き尽くす

ありとあらゆる邪を焼き尽くす

魂の昇天

 

「求道の求愛」

 

じだんだを踏む

もう彼はいない

もう彼は滅びてしまった

彼と登りたかった天に

龍となり牙を剥く

戦いが始まる

 

「私にその教を破らせよ!!!!!!!」

 

龍を操ることこそが復讐だ・・・・・

 

「私はもうGaffaにはいない。」

| | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

「BAD NEWS」 ARB

JUGEMテーマ:音楽

 

始まりと終わりに、君がいた。

あれらの魔族に抱えられながら・・・・

 

| 音楽 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

魔界の音、我に下れ。

JUGEMテーマ:小説/詩

 

魔界の音がする

 

その重低音には生きているもののではない歪みの隙間があり

 

物語に出てくる手足の長い魔物があちらこちらに音をこすりつけている・・・・ようだ

 

「なんで生きていないのかしら?」

 

私には分れなかったけれどその音が何を表しているのかを知りたくて

 

ひたすらに歪みの中に入ってみた

 

天の祈りを唱え続けながら・・・

 

 

「あなたはいつ捕まってしまったの?!」

 

 

命を溶かす湖の中であなたは気を失っているかのように瞳孔がひらいたまま

 

浮かんでいた

 

 

魔界の音がする

 

其処は死の湖抜け出せたものはいない

 

「あなたの顔がわからない。あなたの音が何度聞いてもわからなかった。」

 

活きているものと接点のない音

 

死の重低音?

いいえ、魔界の音にあなたは閉じ込められた

 

「魔界ってなあに?」

 

 

教えるわ。

人を殺す者たちの行くところ。

そこで教をつかみ生きて帰らねば

一生魔界の表現ができないから。

 

生きて帰りなさい

「私たちが迎えに必ず行く。その教を決して離すな!」

そして、君の命魔王に捧げよ!

 

「君が魔王になれ。」

生きて天上人、魔王になりにけり・・・・

 

| | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
スポンサードリンク
ドロップシッピング
お小遣稼ぎ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM